2019年03月24日

GANDHARA凸

3月22日 仕事から帰還途中、コケシマートで
魚と、色々調達
DSC_46320.jpg

DSC_46168.jpg

とりごぼう天 スモークサーモン入り生春巻き
さば塩焼き 黒みる貝にぎり ノンアルコール飲料と共に

DSC_46169.jpg
BGM:ドボルザークの「新世界」

(愛読書:刑務所の中・262ページネタ)


翌朝 とりごぼう天の残りと とうふとわかめのスープ
そして、久々の再会 いきなり団子
どうやら家族が生協で発注をかけていたようだ(布教に成功)
DSC_46180.jpg

味はさくら 九州物産展でも売っていなかった味 割ってみると
十分な素朴比率の、ほぼお芋「こいつが福袋なら、大当たりだぞ」
(孤独のグルメ・シーズン1・第1話の台詞)桜の葉も入って
色も香りも味も 桜味 口の中に春が来た・・・

DSC_46181.jpg


3月24日 10時20分

DSC_46271.jpg

ハットの初陣 愛読書2冊、筆記具、音楽と共に
凸をかける店は、「ビリヤニ」という食べ物を出すお店を目指す

DSC_46266.jpg

道中はビートルズのアルバム「ハード・デイズ・ナイト」「リボルバー」を聴く
11時50分 店が見えてきた・・・

DSC_46273.jpg

DSC_46270.jpg

今日は、ビリヤニー1択だ・・・ 【 日曜限定、魚ビリヤニー 】
これを目指してきた 店に入ると、ここもインドだ・・・期待大

DSC_46275.jpg

魚ビリヤニーと、単品で、じゃがいものマトンカレーを発注

DSC_46272.jpg

お客は、インド人が3人 日本人の家族連れが2組
TVはインドのダンスPVを流している

12時10分 料理が揃う 

DSC_46274.jpg

これが、魚ビリヤニー・・・魚はサケの唐揚げ
かつお節は、バスマティ米と、どのような融合を見せるか

DSC_46277.jpg

日本のもっちりとした、炊き込みご飯を想像して口に入れると、
水分が少なく、すごくライトな食感 香辛料は辛みよりも香りが強い

DSC_46281.jpg

単品で発注したマトンカレーは、辛さ普通にした
個人的には辛さをもう1段階か2段階くらい上にして、
おそらく丁度良い辛さになる 噛みごたえのある、マトンを感じる

DSC_46279.jpg

インド映画1本観て帰ってきたような、満足感・・・

ー ビリヤニの 味を知り知り 帰投する ―

DSC_46320.jpg


帰投前に、コケシマートで食材調達 ここからは料理の時間
DSC_46282.jpg

DSC_46284.jpg

DSC_46285.jpg

DSC_46286.jpg

DSC_46292.jpg

DSC_46298.jpg

DSC_46300.jpg

三品準備、ヨシ!
とん汁 キャベツ豚ひき肉の甘味噌イタメ メカジキのステーキ
ノンアルコール飲料と共に

DSC_46302.jpg

ここは、やはりドボルザークの新世界だな・・・

DSC_46303.jpg

posted by GaNeiSiA at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする