2012年10月07日

ラドゥガ シミュレーター

121004va.JPG
「ばりしあだよ。きょうは、ナーフで ”らどぅがさん”を
さいげん してみたよ。それじゃあ、ためしに うってみるね」


DSC_06217.JPG
DSC_06927.JPG
フラッシュブレイクに、ボーンリボルヴのサプレッサーを付けて
外観の再現/命中精度の向上を目指します


DSC_06940.JPG
DSC_06945.JPG
6連マガジンに、4発ダーツを入れ、ラドゥガのマガジンを再現します

DSC_06979.JPG
1マガジン装填&7マガジン予備弾倉で、ラドゥガ32発を撃っていきます


DSC_06995.JPG
標的は、約3m先のビン(先端の黒い部分)を中遠距離のブラスト1機分に
見立てて、あまり狙いをつけずに射撃していきます。本体付属のレッドライト
を点灯、射撃開始です(カメラの暗視モードで、かなり明るく見えますが、
実際は下の画像くらいの所で射撃していました)


DSC_06999.JPG
リザルト:
狭い空間でも、小さい目標を狙って撃つのは中々面白く、回を重ねるごとに、
徐々にスコアが安定するのを実感できるのは嬉しいところです。余裕があれば、
引き続き射撃していきたいです
posted by GaNeiSiA at 15:52| Comment(0) | ナーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

MAKING of 双門機関砲

DSC60181a.JPG
12:05 輸入物、国内物、バル・ベルデ国の軍事力に匹敵する武器の数々
12:16 米軍のスナイパーはスポッター(観測手)と共に行動する


DSC60235a.JPG
12:19 ”重火力やばいキット”。これを装着すると・・・
12:32 本職の重火力の構え。この後撮影開始
12:34 エアゾーン・パニッシャーガトリングガン。ナーフと同様ハズブロ社製


DSC60291a.JPG
12:48 本職の狙撃手が、スナイパーショットCS−6を構える
13:01 エアで浮遊するターゲット。高さは個々に調整可能
13:21 輸入ナーフ、スカウトIX−3ハンドガン(ユニティ・パワーシステム)
13:40 ロングショットCS−6のスコープ&バレルをリーコンCS−6に装着


DSC60303a.JPG
12:46 オートバリケードRV−10の集弾性能
13:15 輸入ナーフ、ダートタグ・クイック16で強襲vs狙撃


DSC60367a.JPG
14:55 輸入ナーフ、ホーネットAS−6(ユニティ・パワーシステム)の集弾性能
15:36 こちらも輸入ナーフ、タクティカルベストキット(クリアマガジン2個付属)


DSC60407a.JPG
15:58 非常に武器付きの再現度が高い武器マウントシステム
16:11 撮影前のポーズ、カメラ配置などを決めている状態


DSC60455a.JPG
16:55 輸入ナーフ、タイタンAS−V.1(ユニティ・パワーシステム)、ガン・ターレットに


DSC60477a.JPG
17:35 ギアアップ リーコンCS−6に18連マガジンを装着。取り回しと高火力の両立
18:00 試作型双門機関砲・改のリロードをチェック
18:12 オートバリケード2挺にディスクサイトとスライドストックの豪華なカスタム
18:36 こんな形のボウガンが確か、モンハンにあったな・・・


DSC60511a.JPG
18:55−19:08 撤収開始、希少な投擲武器、ナーフ手榴弾なども見られる



2011.10.23



2011.10.24 (13:39撮影)
DSC61629a.JPG


2011.11.25



リアル単式機関砲。これをブラストランナーがかついでいるとは・・・

動画は57mmエアバースト弾(空中炸裂砲弾)使用。
ちょうどエアバスターXHRを融合させたくらいの性能
posted by GaNeiSiA at 23:46| Comment(2) | ナーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

アイクロップスで狙撃

アイクロップス・ナイトビジョン2.0赤外線スコープで
ナーフを射撃してみました。

DSC62013a.JPG
アイクロップスはトイザらスで購入可能な、アメリカ製のおもちゃで、
米軍の暗視装置のような機能を比較的安価に体感できる赤外線スコープです。
本体は単三乾電池5本で稼動、複眼式の液晶ビジョンが投影されます。
本体付属のスリング(紐)を取り外して、ナーフNストライク フラッシュブレイクCS−6に
付いていたスリングを黒のモールで固定、後頭部にパッドを当てることで
手による保持を必要としない、米軍兵士と同様の装着スタイルを目指しました。

DSC60924a.JPG
今回の射撃に使用したターゲット(標的)は35分の1スコープドッグで、
横にナーフ弾(全長約70mm)を置いてみました。実際に撃ってみると、
正確に狙いをつけるのがかなり難しく、レーザーサイトによる精密射撃が
必要と感じました。写真右下は、フラッシュブレイクにロングバレル装着、
バレル下部にレーザーサイト装備、狙撃に集中する為の大容量18連弾倉
(標準は6連)を付けた「アイクロップス精密射撃装備」になっています。

今回は5m距離から狙撃、比較的ナーフの弾道が安定する為、空気抵抗を
意識せず、レーザーサイトでポイントしたやや上部に弾が命中する為、非常に
安定した狙撃を行うことが出来ました。
posted by GaNeiSiA at 15:48| Comment(0) | ナーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする