2017年04月15日

次期asobiba戦装備

4月15日 ラプさんのサバイバルゲーム画像を確認
雨降りがあったものの 無事に進行出来ましたようで何よりです

各人の装備画像に キングアームズ製ブレイザーR93狙撃銃を確認
我らがラプさんの 89式小銃折り畳み式銃床を確認
L96狙撃銃を確認 スパス12散弾銃を確認
ライラクス製ハイバレットガス缶の両隣にあるAKとM4はガス式だろうか



近日射撃レンジにて試射予定の 支援兵装を構築開始
DSC_36350.jpg

主武器 東京マルイ・M870タクティカル散弾銃
コンドル製ショットガンスキャバード(散弾銃さや)で運用
スリング部分にライラクス製ショットシェルベルトを増設
散弾銃床に フライ製ショットシェルキャリアを増設
DSC_35567.jpg

副武器 東京マルイ・グロック17
アイタックディフェンス製ホルスターで運用
DSC_36354.jpg


ATSタクティカル製リガーベルトに
FMA製ファストマグ(散弾銃ガスタンク収納用)
ライラクス製・拳銃弾倉用ファストマグを増設
メカニクスウェア製・手袋は エスビナーでベルトに連結
DSC_36356.jpg
posted by GaNeiSiA at 19:45| Comment(0) | Gun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

リアルボーダーブレイク

asobiba大須 3月4日 土曜日
午前の部(11時から16時)を
前日に予約


当日は11時15分に現地入り 使用銃・弾速チェック
参加者が10名ほど待機 弾速チェックの待ち時間に
隣の方が 自分のホークアイに反応 あまり数が出回っていないようで
&マイナー銃という事もあり、やはり良いコミュニケーションツール
DSC_35451.jpg


11時45分 ルールのおさらい
12時 各自使用銃を 安全のため プラスチック製の買い物かごに入れ
上の階へ(ゲームフィールド & セーフティエリア)
DSC_35476b.jpg


セーフティエリアで チーム分け
マーカーなしチーム vs 黄マーカーチーム
開始時の参加人数は15人(7人 vs 8人)

自分はマーカーなしチームに編入 後に 人数が増え
黄マーカーチームへ 13時時点で24人(12人 vs 12人)


当日の装備:

冬場のCQBフィールドにおける ガスブローバックライフルの運用を
検証すべく 主武器:ホークアイ 副武器:PPK/Sで 装備を組む
ホークアイ・長弾倉は 前回(2月19日・射撃レンジのみ)1本破損につき、
短弾倉も投入 長弾倉2本 & 短弾倉2本 どちらも良作動
DSC_35562.jpg


試合:
殲滅戦(復活無し)勝利条件・相手チーム全撃破
フラッグ戦(復活無し)勝利条件・相手陣営のホイッスルを鳴らす(コア凸)

無限復活戦(復活1回につきカウンターを1クリック)
勝利条件・復活の少ない方が勝ち

ポリタンク運搬戦
(特殊復活ルール・味方ベース内に 被弾した味方数が5人に達した時点で復活)
勝利条件・相手陣営にポリタンクを運び、
味方陣営からポリタンクが遠い陣営の勝ち(サテライトバンカーR)


1バトル制限時間・3分
自分は前に出て、索敵しながら射線の通る場所を捜し、
敵確認 ⇒ ホークアイで撃ちこむ 早々に被弾して
セーフティエリアに戻る(2戦目で初撃破を取れました)
やはりホークアイの命中精度は ここぞという時に頼りになる

13時5分 30分休憩 途中退室して帰還


個人的見解:
今回の部屋は、前回に比べて、コミュニケーションが取りやすく、
ソロで来ていても クラン戦のような 和やかながらも、ガチバトルが出来て
うれしいものがあります 部屋の相性が本当に良かったです
女性は両チームともに3人ずつ フルレンタル(お仲間同士で楽しそう)

フルアーマー・タイフォン迷彩一式で揃えているM4の方
TOP製・リアルカート排莢M4に、カートキャッチャーを付けている方
警察系特殊部隊・装備にレッグパネル・サイクロングレネード・89式小銃の方
サイクロングレネードを専用ホルスターで運用・副武器にハンドガンの方

マカロフとタンカラーのガバメントで2挺拳銃の方
P90とデザートイーグル・シルバーで参戦の方
陸上自衛隊迷彩一式に MP5A4で参戦の方
ドンキで購入の10歳以上MP5A5で参戦の方(なんと、十分戦える!)

・・・非常に個性豊かな方々と装備の話などで盛り上がったりして
身体がほぐれており、動きやすかったのもまた事実、これがうれしい



フィールドで感じたこと:

ゴーグル:プロゴーグルは ファンの音はするが、くもり止めは役に立つ
(前回の出撃で かなりゴーグルが くもっていたため、プロゴーグル導入)

跳弾:かなりある
(asobiba大須は跳弾はセーフ判定扱い
ヒット判定が 色々と難しいので 少しでも迷ったら
すぐ「ヒット!」コールしていました:その方が確実)

長物:なにかと人気
(asobiba大須は 拳銃が1挺あれば 十分戦えるCQBフィールドですが
長物も人気 個性ある銃を持っていけば コミュニケーションツールに)

サイクロングレネード:超人気
(asobiba大須は サイクロングレネードは使用可なので、
41型強化手榴弾が そこかしこで炸裂)

ニーパッド:あまり使わない
(しゃがみ撃ち時も ほとんど ひざを接地する機会がない
防具としての役割もアウトドアフィールドのように要求されない)

副武器:よく落とす
(チェストリグの中央に収納 ⇒ 凸撃時に脱落
やはりCQCホルスター互換に切り替えるか)

考えた装備を 実地で試して
今回も発見・得るものが大きかったです
(少しずつ 良くなっていく)

バトル開始前の雑談で 得た内容をもとに 次回の構想
「支援兵装で 出てみるか・・・」
DSC_35567.jpg

posted by GaNeiSiA at 15:48| Comment(0) | Gun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

asobiba 18m射撃レンジ

2月19日 15時50分
asobiba大須 シューティングレンジ
事前予約は無し 500円 会員証は不要


午前の部・ゲーム中につき 参加者のバッグが控室に点在
自分のバッグを控室に置き ホークアイとPPK/Sをスタンバイ

シューティングレンジ内は ゴーグル必須 装着して射撃開始
DSC_35470.jpg


DSC_35469.jpg

右にある四角い木枠内は 8m地点くらいだろうか
最奥のマンターゲットは18m地点 縦45cmの大きさ
16m地点には メイド衣装だろうか これも目安になる

DSC_35476.jpg


ホークアイ弾倉・PPK/S弾倉に134aガス注入

ホークアイ弾倉3本中1本にガスを入れすぎて
弾倉を壊してしまった(液ガス漏れ)
「兵を無駄死にさせてしまった・・・失敗の味は ほろ苦い。」(声:松重豊)
DSC_35474.jpg
マルイBB弾装填 ホークアイ弾倉は真上から給弾
撃つ ひたすら撃つ ホークアイの弾道は 極めて素直
2015年以来 未射撃だったが 快調に作動
適当に狙って撃っても 18m先のマンターゲットに命中
DSC_35463.jpg
フリップアップサイトも展開 ドットサイト射撃と 交互に撃ってみる


PPK/Sも 低燃費が好印象 こちらも快適な作動
ガスブローバックガンの低燃費ツートップ
ホークアイとPPK/S 相性抜群


16時40分ごろ ゲーム終了した参加者が続々と帰ってくる
(午後からの部は17時から) 私の隣で2名ずつ入れ替わり
射撃開始 タボール M4 ファマス G36 MP7A1
トンプソンM1A1 電動ハンドガンなどを 射撃しているのを確認
DSC_35476b.jpg
17時 午後の部・参加者が入場開始 私の隣で弾速チェック開始
弾速チェック・スタッフの方が 私の銃に興味を示しておられました
せっかくなので 1弾倉撃ってもらう
やはりマイナー銃は良いコミュニケーションツール

17時10分 試射終了して帰還
posted by GaNeiSiA at 19:04| Comment(2) | Gun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする